保育士給料の底上げの問題

保育士の給料は決して高いというわけではなく、むしろパートなどの非正規職員の場合には、その地域で定める最低賃金と言うことも少なくありません。

したがって、今後保育園不足と保育士不足に悩まされる原状回復のためには、いかにして賃金を上昇させていくのかが鍵になることは、言うまでもないことになるでしょう。

NAVERまとめの安心情報、今すぐ確認してみましょう。

今後、保育士をニーズがより高まり、なり手不足の現状を打破していくことが求められているところです。



そのために、国、厚生労働省は、今現在において現場から離れてしまった人のうち有資格者約70万人に対して、また働いてもらえるように働きかけを強めていく方針としています。


ただ、賃金がその地域の最低賃金しか支給しないのであれば、より給料がいい他の職種へと移ることは明白です。したがって、そのような人材をいかにして保育士として活躍してもらえるのかを考えなければなりません。

非正規職員だけに限らず、正規職員でも同様のことが言えて、特に大卒新卒の採用が難しい現状が出てきています。

保育士の給料に関するお役立ち情報コーナーです。

他の職種と比較して圧倒的に給料が安いという現状があり、その賃金では生活が出来ないために他の職種へと移っていくことが想定されるわけです。
新卒の採用、正規職員としての採用が出来ない問題は、徐々に現場での仕事を難しくさせる要因となり得ます。

働きたい子育て女性がいかにして働きに出ていけるようにするのか、最低賃金以上の支給をどう確保していくのかが問われています。

Copyright (C) 2015 保育士給料の底上げの問題 All Rights Reserved.