• 薄毛は病院で治療する時代へ

    • 薄毛といえば、古今東西を問わず常に男性を悩ませてきた症状です。



      これまでは年を重ねれば仕方のないことと諦めることがほとんどでしたが、現代は少し異なります。



      薄毛は病院で治療できる時代になったのです。



      男性の毛髪が薄くなるのはAGA、つまり男性型脱毛症が原因の可能性があります。

      このAGAは、ホルモンやストレスなどが原因で毛根の根元にある毛乳頭の機能が減退した時に発症します。
      これは言いかえれば、毛乳頭の機能を改善させることができれば、発毛が促進されることになるということです。病院では内服薬などを処方することにより、薄毛を解消するための治療をおこなうことになります。



      ただし薄毛治療は、どの医療機関でも同じ方法を用いているわけではありません。



      一般的な病院でもAGAの治療は可能ですが、より専門的な治療を受けたいのであれば、AGA治療を専門におこなっている医療機関を受診したほう多いでしょう。



      一般的な病院でAGA治療を受ける場合は、簡単な問診の後でプロペシアと呼ばれる薬を処方されるのが普通です。



      これに対して専門医を受診した場合は、問診に加えてさまざまな機器を用いて頭皮や毛髪の状態を詳しく検査するほか、治療も単純に薬を処方するだけでなく、注射器を用いて薬品を体内に注入する医療技術を組み合わせるなど、薄毛を克服するためにあらゆる角度から治療をおこなってくれます。



      頭皮や毛髪の状態は人それぞれですので、オーダーメイド的な治療を受けられる医療機関のほうが効果が期待できるのは当然だといえるでしょう。

  • 関連リンク