• 薄毛の原因を取り除き予防することが大切です

    • 薄毛は、髪の毛が減ってしまい肌が見えている状態です。
      薄毛の原因は、男性ホルモンや血液循環の不要や脂漏性皮膚炎やストレスなどです。



      男性ホルモンの影響の場合、男性ホルモンによって毛乳頭細胞の分裂が抑えられている状態です。



      この場合、男性ホルモンを抑える働きのある薬などを服用します。



      血液循環が不良の場合、血行が悪くなることで毛細血管から栄養を補給している髪の毛の成長に悪影響を与えるためです。



      この場合、頭皮マッサージなどによって血行促進することで血液循環不良を治せます。


      この時、爪などで頭皮を傷付けたり圧迫しすぎて毛細血管を傷付けないように気を付ける必要があります。



      脂漏性皮膚炎の場合、皮脂の過剰分泌によって毛穴が詰まって頭皮が炎症を起こして抜け毛が広がります。
      この場合、頭皮の炎症を治療してから育毛などに着手する必要があります。

      シャンプーをする時には、皮膚疾患の洗い方をする必要があります。



      ストレスの場合、自律神経やホルモンバランスが崩れることで頭皮の血流を低下させて髪に栄養が届き難くなります。



      この場合、昼間に適度な運動やカラオケで発散したり、夜はリラックスできる生活環境を整える必要があります。
      薄毛を予防するためには、ヘアケアと生活習慣や食事のバランスも大切です。ヘアケアは、シャンプーをする前にぬるま湯で髪や頭皮についた埃や汚れを落としたり、シャンプー後はお湯で丁寧にすすいでシャンプーが頭皮や髪に残らないようにします。
      生活習慣は、髪の成長を促すために生活のリズムを整えて睡眠をしっかりとり、喫煙や過度の飲酒などの髪に悪影響を与える行為を自重する必要があります。
      食事のバランスは、髪の毛の主成分のタンパク質や髪の生成に必要な亜鉛やビタミン類やミネラルや鉄を含む食事をしっかりと摂りましょう。



  • 関連リンク